スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Gay Sex In The 70s (2005 DVD)

GaySexInThe70s


“Gay Sex In The 70s”,ドキュメンタリー映画で、70年代におけるニューヨークのゲイセックスシーンを回想する。 登場人物としてトム・ビアンキもでてくるなど才能豊かな世代のゲイ達であったことがよく分かる。 80年代に入りAIDSが社会問題として取りざたされる以前の事件、ストーンウォール事件なども取り上げられている。 闇の80年代と比べると70年代はよかったと人は言うが… 

日本では80年代というとバブルであるがアメリカ人の意識はほとんど正反対である。 70年代のベトナム戦争反発からヒッピー、麻薬、AIDSなど、80年代になると不景気に陥り社会問題が山積みになったのである。 マドンナのライスラボニータを聞くと闇の80年代を思いだすというアメリカ人は多い。

ドキュメンタリーとしては上出来かな…
(画像:サイト上でDVDのカバーが見つけられなかったので1シーンを貼り付けました)

☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

2007.03.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ボノボの日記

ゲイの結婚観?ギリシャ神話

自分が好きなギリシャ神話にでる神々

1  ウルカヌス (またの名を、バルカン)

ものをつくる心、すばらしいと思います。 自分は美というものはよく分からないのですが、それを創り上げる人類の力はすばらしい。 現代社会は本当に便利ですが、それも過去の人間がいろいろな発明をしてきたおかげ。

2  ディオニソス (またの名を、バッカス)

これもものを創る心ですね、創るのがお酒というだけであって。 好きな理由は他にもあります。 昔足を手術したことがあって、何となく気になる話なのですが、ディオニソスはゼウスの足から生まれます。 本当のことをいうと未熟で生まれてしまったのでゼウスが自分の足に身ごもり生まれるまで育てた、ということなのですが。 身近に感じました。

3  ヘラクレス  (またの名を、ハーキュリーズ)

いうまでもないヒーローです。 元々は半身人間でしたがヘラの受難をへて神として迎えられます。


ところで、ゼウスの妻、ヘラはいつまでたってもゼウスの浮気に腹を立てその生まれた子に受難をかします。 それは、ヘラが契約や結婚の神であるということの証明なのですが、契約と結婚が一緒になっているってことは、結婚は契約の一種だということなのでしょうか? ゼウスは守ることのできない「約束」をしていつもその約束を破り、ヘラはそれに腹を立てるという繰り返しなのです。

そう考えると、男同士の場合結婚と呼ばずに契約と呼んだ方がいいのかもしれません。 どうせ浮気をしてしまうような相手だったら最初から「浮気しても許す」という契約をすればいいのです。

同性間の結婚が認められている国々では財産分与や生活など事細かな結婚の事項が決められています。 もしかしたらこの辺りを決めていかないと日本での同性婚は無理なのかもしれません。  

2007.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | ボノボの日記

サントリ二島



ギリシャに夢中な今日この頃です。 一番行きたいのはミコノス島のパラダイスビーチ。 あとはサントリーニ島に行ければいいかな。

2006.12.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | ボノボの日記

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。